スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

――「太陽のプロミア」レビュー

SEVEN WONDERから発売中で、2012年2月にはファンディスクの発売も予定されている「太陽のプロミア」の感想です。
『太陽のプロミア』応援バナー
新生メーカーで、処女作である太陽のプロミアですが、中の中心人物は旧PULLTOP陣営なこの作品。
FDも出るということで、たけやまさみさんの原画に惹かれて購入しましたが、思わぬ掘り出し物でした。

世界観、雰囲気は素晴らしく、根っからの悪人、プレイヤーを不快にさせる意図で登場するキャラクターはいません。
異世界モノで、ファンタジーで、SF混じりという正直よくわからない設定ですが、いつのまにか舞台のミルサントが好きになっていました。
光炉というドラ○もんのポケットから出てきそうな道具のような、オーパーツのようなものを駆使して、攻略対象キャラクター6人全員が戦う女性な、バトルものでもあります。


6人のキャラクターは2人ずつルート固定で、アマリ・ジゼル→ニーナ・リノワール→エレガノ・フレアルージュという攻略順。
主人公が記憶喪失で、紐で繋がれた幼女プロミアと離れられない、という設定も含めて徐々にお話の謎が明かされていく関係上、後半のキャラクターへの思い入れが強くなってしまうかもしれません。
ですが、序盤のキャラクターも捨て難いんですよね。
真剣で私に恋しなさい!の川神一子のようなキャラの青山ゆかりさんも好きですが、ジゼルのような青山ゆかりさんもなかなか…声優さんってすごいです。
ツインテールで貧乳なリノワールも魅力的なキャラクターだと思います。
この外見でその年齢、新感覚ですが、アリです。
初見は痴女にしか見えなかった服装も、一応ちゃんと意味があったりしますし。

主人公は記憶喪失でありながら、迷う事が少ないなかなか適当な性格です。
明かされていく記憶の中で性格が変わってしまうことを危惧しましたが、最後まで変わらない奴でした。
嫌いではないです。

もう1人の主人公と言ってもいいでしょう、太陽神プロミア様。
可愛いです、すごく。
性的な意味じゃないですよ、さすがに赤ん坊に欲情はしません。
なんと言いますか、母性父性をくすぐられること間違いなしの愛らしさです。
物語の要所では主人公コダマよりもよほど活躍しているところがまた可愛らしい。
全ルートクリア後の一幕を見ると、主人公としてではなく、成長してヒロインになって欲しいな、と個人的には思ったりもします。


BGMは数が少なく、使い回しが多い点を除けば出来は良いです。

CGは背景は美麗、キャラクターはやや特徴的ですが僕は大好きです。
過去作でも感じて惚れ込んだのですが、Hシーンの塗りとかすごくエロく感じます。

Hシーンは各キャラクター2つずつと多くはないですが、各シーンCG3枚ずつあり、そこらの萌えゲーよりは尺長め、プレイ内容濃いめです。
エロガノさんなんて考え付く全ての男性器の呼称を言葉にして下さいます、さすが人気投票1位。
僕としては何より嬉しい、過去のPULLTOPさが垣間見えたのがHシーンでしたね。
具体的に言うとアナド・レイ的ポジションの復活です。


シナリオは先にも書きましたが、1000年に渡る壮大なファンタジーに、SFが絡んでくるものですが、いざ読んでいくと以外にアッサリしています。
序盤から結構な勢いで謎や伏線をバラ撒いてきて、それを回収していく楽しみはあります。
ただ、相当作り込んだ設定の説明がかけ足気味のところがあったり、日常シーンが少ないため、やや丁寧さに欠ける印象です。
雰囲気は抜群なので、もう少しゆっくり文章を進めて欲しかったなという思いはあります。
各ルートの戦闘シーンは描写、演出共に秀でたものはありませんが、キャラクター同士の連携が鍵になっていることが多く、爽快感はそれなりです。


総じてもっと良くなりそうな点は見受けられるものの、意外な良作といったところでしょうか。
比べてしまうのもどうかと思いましたが、新体制PULLTOPの1作目と比較してしまえば、僕はこちらに票を投じるでしょう。
PULLTOP好きを名乗ってきた身としては少々複雑ではありますが、どちらのメーカーも応援していきたいと思います。
Hシーンで何より嬉しい、と書きましたが、もう1つ嬉しいことがありまして。
どれだけ魅力的なキャラクターが居ようとも、ファンディスクが発売される望みが無いPULLTOPとは違い、SEVEN WONDERが早々にファンディスクの発売を発表をしたことですね。
気に入ったゲームには更に浸りたい、と思う僕なので2月を楽しみに待ちたいと思います。


ぷぅちゃん可愛すぎてぬいぐるみ欲しいんですが、買ってどうするんだという冷静な自分との間で今揺れています。
頭に乗せて出かけるか…?
[ 2011/12/09 12:43 ] エロゲレビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

流浪人

Author:流浪人
ブログの名前通りの残念さ。
エロゲレビューとゲーム全般とTCGと日記。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。