スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

――「戦国天使ジブリール」レビュー

恋色空模様 after happiness and extra heartsの感想…ではなく、「戦国天使ジブリール」のレビューでございます。

恋空FDも進めてはいるのですが、前日に買ったこれが中途半端だったので先に終わらせることに。
戦国天使、とよくわからないタイトルがついていますが、パッケージに小さく「魔界天使ジブリール5」の表記があり、一応初代から続くナンバリングタイトルのようです。


「抜きゲー」ですが、ADVである以上シナリオはそこそこ重要だと思うのですが、正直な感想を申し上げますと「なぜ戦国にしたのか。」よくわからない。
戦国時代であることが求められるお話でもなかった気がしますし、戦国時代ならではのHシーンというのもあまりなかった気がします。
唯一それらしい理由を挙げるとすれば、ジブリールの格好を戦国時代風にできる、ってことですか。
浴衣はともかく、「甲冑白スク白ニーソ」というカオスが味わえるのは恐らく世界中探してもこのゲームだけでしょう。


CGは前作から塗りが変わったんでしょうか、少しアニメっぽい印象。
特に気にはなりませんが。

OPは相変わらず一級品です、ぬるぬる動くし、すごく可愛い。
もはやOP詐欺です。

一部声優が前作から変更されたのは個人的にすごく残念です、仕方ないですが。


このゲームの感想として求められるのはやはり「エロ」ですよね。
シーン数はもちろん多いです、ヒロイン1人につき15シーン前後で、おまけにメイメイと歴代主要キャラクターのシーンが2~3あります。
ただ、どこか似たようなシーンが多く、純愛から凌辱まで揃えてる割にはシーンにマンネリ感があります。
シーンに入る流れが最悪なのも一因だと思うのですが、葵ルート、ももルートではシーンが終わって数クリックするともう次のシーンだったりして、終盤までずっとそんな進め方だったりします。
抜きゲーなんだからいいじゃない、ではなくて、もう少しシーンに入るまでの雰囲気とかを作ってくれると色々な意味で燃えるんですけどね。
はいはい、シーンですねーって半ばスキップで5割くらい読み飛ばしちゃうんですよね。

それはおまえが賢者モードだからじゃないのか?
と聞かれるとその通りだと答えないわけにはいかないのですが、ユズハのルートだけは他のルートに比べればそれなりにシーンとシーンの間のお話が作ってあったので、せめてあれくらいは。

ジブリールというと「触手」なイメージがするんですが、前作辺りからこの要素がかなり薄れてきてるんですよね。
対人のシーンが多く、主題は「NTR」に移り変わっている気がします。
これは個人の好みなんでしょうけど、「1」や「2」のような、濃厚な、エロゲでしかありえないシーンを楽しみにしているのは僕だけなんでしょうか。

あんまり良いこと書いてませんが、オカズとしては使えます、枯れます。
CGが好みで、抜きゲーにシナリオなんていらねーよ、って人は買って大丈夫だと思います。
「うしろ」「ぷしゃー」「ネトラレ」とかに反応しちゃう人なんかにはお勧めです。


原点回帰したジブリールが出て欲しいな、と思いました。


抜きゲーのレビューって意味がよくわからなくなってきたのでこれで最後にしたい。
[ 2011/10/29 20:37 ] エロゲレビュー | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

流浪人

Author:流浪人
ブログの名前通りの残念さ。
エロゲレビューとゲーム全般とTCGと日記。

カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。