スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

――スパイクブラザーズデッキ構築

引く楽しみ、集める楽しみ、組む楽しみ、回す楽しみ、勝つ楽しみ。
色んな事が楽しくてTCGやってますが、デッキ考えている時ってその中でもかなり楽しいです。


数日前に若干下がり気味と言っていたヴァンガードモチベが、ダークゾーン魔界王決定戦でいとも簡単に上昇しましたよ。
大阪市内まで行けばどこかで開催するよね、きっと。
だってね、ロイヤルパラディンいないんですよ?
たまには奴らがいない環境でファイトしてみたいわけですよ。
ペイルムーンに浮気する可能性は大いにありますが、まずは今現在組んでいるスパイクブラザーズを再構築してみようと思います。
ファーストヴァンガードの差と、トリガー比率の関係でスパイクブラザーズが多少有利かな、と感じてますがアモンとありすがどうなるでしょうね。


以前にもどこかでレシピ考えてた気がしますが、2弾現在のスパイクブラザーズは連続攻撃、激しい手札消費、貧弱なグレード1といった特徴があります。
しかし、そのスパイクブラザーズの中でも安定性をとるか、可能性をとるかで選択するカードが結構変わってくると思います。
考えていることを適当に書き殴りますが、結論は出てませんのであしからず。

・将軍 ザイフリート
カウンターブラストによるコストを必要とせずに、1回のアタックで最大2枚のボードアドバンテージを得る可能性があるカードです。
さらにスパイクブラザーズには単体でさらに後続に展開できるカードや、単体でパワーを上げられるカードが揃っていますので「グレード3をドライブチェックで引くことができれば」非常に強力です。
問題はやはり引けたら、というお話になってしまうことで、このカードのためにデッキのグレード3の比率を上げるとガード総量が下がってしまいますし、このカードのために場を空けていてグレード3を引けないと、このカードは場にひとりぼっちになってしまうわけです。
安定性を捨て、代わりに爆発力を格段に上げる完全に可能性寄りのカードですね。

・スカイダイバー
個人的に、このカードによる攻撃はほぼ間違いなく相手にガードされる、と思った方がいいくらい効果の発動は期待できません。
ですが逆を言えば相手にガードを強いることができるわけです。
そして何より、パワー11000のグレード3ユニットであるという点が大きいです。
どちらかと言えば防御的に安定性を求める時に多く採用できるカードなのではないでしょうか。

・ジャガーノート・マキシマム
2弾発売前には100円で投げ売りされていたこのカードですが、今やスパイクブラザーズデッキにこのカードを採用しない人はいないのでは、と思えるほどに必須カードとなっています。
単体でパワー16000に達することができる点、素のパワーが11000である点、デッキに戻る効果が他のスパイクブラザーズの効果と非常に噛みあう点など、今のところ採用しない理由が見つかりませんね。

・デビル・サモナー
登場するだけで、コスト無しにアドをとれる可能性がある1枚です。
ダメージを1枚与えることがアドとも言えるヴァンガードですから、都合の良いカードを引けた時の爆発力は高いです。
パワーが7000と低く、リアガードで活躍しにくいことと、このカードにライドすることになった時の事を考えると安定性は皆無と言えるかもしれません。

・ダッドリー・ダン
グレード1でパワーが4000と低く、ブーストがしにくいユニットです。
安定性を重視する人は、11000のグレード3を3~4枚ずつ採用し、このカードを投入しても15000ラインまでしか作れない為、採用を見送ることもあるようです。
効果は至って強力で、カウンターブラストのコストさえあれば、不要な手札1枚がソウル1枚とデッキの好きなカード1枚に化けてしまいます。


今挙げたカードの採用枚数で主に迷っています。
とにかくグレード1のパワーが低いので、他の2クランからパワー8000のグレード1を派遣してくることも考えられるでしょう。
候補としては

・ダッドリー・ダンと将軍 ザイフリートの採用を見送り、安定性をとにかく重視するデッキ。メカ・トレーナーを複数採用することで、カウンターブラストを無駄にせず、状況に応じたサーチをするのもアリか。

・僕が今まで使っていた、強そうな効果は全部使いたいので、結果グレード3の採用枚数が増える森川君的デッキ。

・ザイフリートの効果でとにかくアドをとりにいくデッキ。


それぞれ回し方も違ってきますね。
ショップ大会とか見た感じではユナイトも含めて各種グレード3とダンも採用した2番目のデッキが多かったような気がしています。
魔界王決定戦だけで考えて、トップメタをスパイクブラザーズと仮定すると相手のヴァンガードは11000になることが多いでしょうし、ザイフリート軸じゃ厳しいのかもしれません。


はい、長々と書いてますが全く方向性が決まってないですね。
考えるのは楽しいんですが、思い切りが無いのでずっと考え込んでしまうのが僕です。

スパイクブラザーズ組んでる人は皆同じように色々考えているでしょうから、色んな人の構築が見てみたいものです。
とりあえず大会開催までの間に、友人達を巻き込んで全てのデッキタイプを試してみたいと思っています。


しかし3弾でスパイクブラザーズの新カード無いのが残念です。
ロイヤルパラディンとオラクルシンクタンク少し削って枠回してくれてもよかったんじゃないかなっ。
[ 2011/07/29 16:09 ] TCG | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

流浪人

Author:流浪人
ブログの名前通りの残念さ。
エロゲレビューとゲーム全般とTCGと日記。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。