スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

――≪Rewrite達成≫

Rewriteコンプリートしました。
まだ頭の中で整理がついていないので、時間が経つと印象が変わるかもしれませんが、とりあえず振り返ってレビューしてみようと思います。

Keyというブランドとして考えると、今までの作品とは色々な意味で変化があった今作なのですが、やはり麻枝准が一線を退いたことで、作品というか作風に小さくない影響がありましたね。

Keyらしさ、の感じ方も人それぞれでしょうけど、音楽や背景からは変わらない素晴らしさが感じられました。
このブランドのBGMが与えてくれる余韻は本当に良いものですね。

らしさと言うと、これももうこの手のゲームをプレイする人なら誰もが知っているであろう「いたる絵」も語らずにはいられないでしょう。
僕は慣れたというか、もう好きな部類に入ります、この方の絵。
パースとか難しいことは置いておくとして、決して「上手い!」って感じるわけではないのですが味がありますよね、ってことで。
ONEの頃の絵と比べてみると、物凄い進化が見られますよね。

システム面では特に文句も感動も無いのですが、まっぴーは面倒臭かったです。
ああいうの隠しメッセージ的なもの探さずにはいられない性格なんですよまったくもう。
あれで結構な時間食っちゃいました。


さて、シナリオとキャラクターなのですが。
コンプ後に感じる各ルートの簡単な感想を並べてみたいと思います。


・ちはやルート
最初に攻略したこのルート、プレイした当日にも書いたのですがこれでもか!というくらい「ご都合主義」のオンパレードでございました。
ですがよくよく考えてみると、今までのKeyらしさを最も踏襲していたのがこのルートだったんですよね。
最後の最後に「泣かせる」ために、物語を集約させていくだーまえ的構成を感じました。
Key恒例のかっこいい男性キャラクター、咲夜が光るルートでもありました。
とういうかもうほとんどこいつのお話みたいなものでした。
ちはやもアホ可愛くて良いコなんですけどね。


・小鳥ルート
恐らく、小鳥のルートを最初にプレイするべきだったんでしょうね。
導入的な意味合いが強いルートで、謎や伏線が多く残されることになります。
そういった意味では、後のルートに期待を持たせるあの展開も無いことは無いのですが、僕個人としてはやはりあのラストだけは納得できない部分ではあります。
打って変わって、キャラクターとした見た小鳥はかなり好きです。
性格としては美少女ゲームキャラクターと化した某○子なのですが、このコと瑚太朗の掛け合いとか立ち位置とかは好印象でした。
幼馴染(設定)ってずるいです。


・ルチアルート
シナリオ云々以前の問題としてキャラクターの崩壊具合が酷いです。
瑚太朗や吉野のおまえだれ感にはかなり戸惑いましたね。
話の展開としては悪くはないと思いますし、ギャップ萌え的な可愛さを狙ったルチアとの日常シーン等は結構ストライクだっただけに残念です。


・静流ルート
僕がラストに納得いかないルートその2です。
小鳥ルートも、静流ルートも、こういった終わり方を好む人がきっといるんだと思います。
Rewrite以外の作品でもああいうラストは結構見かけます。
ですが僕はああいう手法は全くハッピーエンドには見えないんですよね。
こればっかりは好みの問題になってくるんでしょうけど。
話の展開と予想外の重さには戸惑いますが、このコも好きなキャラクターですね。
困らせてやりたくなる可愛らしさ。


・朱音ルート
ある程度ルートが限定されていることと、設定上だんだんと物語の規模が大きくなっていく個別ルートの中でも纏め的な、そして個別後のルートに入っていくための新たな導入、確認的なルートであるためか、朱音のヒロインとしての存在感が薄いと感じました。
今までのkey、との違いをはっきりと感じたルートでもあります。
ラストは嫌いじゃないです。
言いたいことがありまして、何度も言ってますが、君たちは性交渉をしてもよかった。


・Moon
ロミオ節炸裂です。
田中ロミオファンとしてはこういうのを待っていたわけで、僕は全てのルートの中でも上位にランク付けしたいと感じました。
これまでのkeyファン、がこういうものを求めていたのかと問われると違うのかもしれませんが、ラストに向けて真実が明かされていく高揚感は気持ちがよかった。


・Terra
Moonで得た可能性を持った瑚太朗と篝、そして江坂のルートです。
悪くはないですし、設定的に仕方が無いとはいえ、パッケージを飾るヒロイン達が過去の姿でしか出てこないのはなんだかなぁ、と。
ラストに向けての超ロングパス的な仕込みであるともとれますが、そのラストもなんだかあっさりしていましたね。
ですがプレイ後の余韻はしっかり残りましたし、あの「笑顔」の破壊力はなかなかのものでしたね。


ヒロインや立ち絵があるキャラはそれぞれ味を出していたと思うのですが、もう少し立ち絵やボイスを付けるべき人がいたのではないかと思います。
キャラクターとしては吉野をもう少し掘り下げて欲しかったですね。


1本の作品として、今までのkey作品と比較して、感じたことは統一感の無さ。
これだけのメンツの足並みを完全に揃えることは難しかったのでしょうか。
テーマや設定の取っつき難さはあるものの、Moonを読んだ限りでは生かし、書ききることが出来ていたと思うからこそ、全体として見た時の完成度の粗さが気になってしまいました。

そして何度も頭の中に浮かんでしまう、過去のKeyというワードは、僕の麻枝准への信仰なのでしょうか。
麻枝准はやはり偉大だった。
こういうゲームをプレイして日が浅くない人ならば、好きなメーカーってあると思うんです。
メーカーにはそれぞれ持っている武器、売りになる「色」があります。
過去のKeyは、麻枝准は、「泣きゲー」というジャンルまでをも確立させてきました。
ご都合主義万歳と言われようとも、その批判者の何倍もの信者と、確かな特色を築き上げてきました。
そして業界の最上部に君臨するようになったその色は、やはり麻枝准彼自身が先導していかなければ出せないのでしょうか。
前述の通り、僕は田中ロミオが大好きですし、竜騎士07の作品も楽しみました。
ですがやはり、Keyというブランドの色を出せるは麻枝准ただ一人だった、少なくとも今はそう思ってしまいました。

もちろん、このRewriteが物語のラストの広がっていくアウロラのように、新しいKeyの第一歩になっていくのかもしれませんし、決して今作がおもしろくなかったわけではありません。
過去のKeyと、今作以降のKeyが合わさって、僕がごめんなさいしたくなるような作品を今後生み出して欲しいですね。


さて駄文を書いてお腹が減りました。
「ママン、ナシむいてくれよ!」
[ 2011/06/30 19:00 ] ゲーム | TB(0) | CM(2)
おつかれさま。
僕らはだーまえで(残念な方向に)育ったからね。
復帰したらいいね。
[ 2011/06/30 21:36 ] [ 編集 ]
>レンさん
冷静になって見返してみると自分で書いた文章って大体後悔する。
僕ってそんなにだーまえ好きだっけ。
[ 2011/06/30 22:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

プロフィール

流浪人

Author:流浪人
ブログの名前通りの残念さ。
エロゲレビューとゲーム全般とTCGと日記。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。